ファブ地球社会創造拠点
Center of Kansei-Oriented Digital Fabrication
柔軟な産学連携体制
「COI」では基礎技術開発を産学連携体制でともに行い、並行して「コンソーシアム」ではそこで活用された技術を活用する産業応用に関する議論を深めています。コンソーシアムへの参加は随時受け付けています。

コンソーシアムの紹介
本COIで開発している技術を活用し、ビジネス活動を通じて「ファブ地球社会」のビジョン達成に貢献しようとする企業のみなさまに向けた、コンソーシアムを運営しております。コンソーシアムは大学ごと、地域ごとに分散して運営されています。
また、コンソーシアムではより応用に近い「現場」サイドで問題となっている社会的な論点をいち早く取り上げ、このCOIにおける基礎 技術が完成した暁には、それを現場にスムーズに投入しやすくする制度設計や標準化、人材育成などの論点も含んでいます。

参加のお問い合せは各コンソーシアムのウェブサイトにて承ります。
慶應義塾大学SFC研究所
「ファブ地球社会コンソーシアム」ウェブサイト
山形大学
「やまがたメイカーズネットワーク」ウェブサイト

研究推進機構
機構長補佐
関西学院大学
理工学部人間システム工学科 教授
岸野文郎
社会実装統括
慶應義塾大学
政策・メディア研究科 特任准教授
常盤拓司
知財統括
慶應義塾大学
政策・メディア研究科 研究員
大野一生
広報・デザイン
慶應義塾大学SFC研究所 所員
竹腰美夏
研究グループ
「ファブ地球社会想像拠点」を実現するために必要な研究を4つのグループに編成しました。
1つめ「ヒューマンデザイン・グループ」は、人間の感性と創造性の解明に関する研究をしています。2つめ「ポリシー・共創システムグループ」は、課題領域に貢献する人々が力を発揮しやすいような、社会制度・法制度・教育パッケージ・支援の仕組みに関する研究をして います。あと2つのグループは、3Dプリンタをはじめとするデジタル製造技術のさらなる発展・洗練に関するものですが、うち「新素材」 に関する部分を中心に「デジタルマテリアル&システムグループ」、企画・設計・製造・デザインプロセスに関する部分を中心に「プロセス&テクノロジーグループ」がそれぞれ担当し、連携しながら研究を進めています。

人間の感性と創造性の解明
ヒューマン&デザイングループ
五感に代表される人間の多様な感性と価値を生み出す創造性とを順次モデル化・インデックス化し、産業から個人までが利用可能な社会資源としてのメトリックに仕上げ、個人に根差した価値を具現化するデザイン支援システムを実現します。
リーダー
関西学院大学
理工学部人間システム工学科 教授
長田典子
リーダー
明治大学
総合理数学部先端メディアサイエンス学科 教授
荒川薫
プロダクトデザインに対する人の印象や感性的価値を定量化・自動化するために、ビッグデータ解析による感性メトリックの自動構築技術を開発。(関西学院大学)
物質感のメトリック、視触覚シミュレーション、素材DBからなる感性ソムリエの枠組みと、所望の質感を提供するデジタル質感生成システムプロトタイプ。(関西学院大学)
2面図を用いた3Dモデリング手法(明治大学)
IoTモータモジュールWebmo(明治大学)
関西学院大学
【感性価値メトリック】感性に基づくものづくりの基盤技術として、感性を指標化し個人ごとにモデル化する感性価値メトリックの自動構築手法を確立します。また共創の仕組みを活用してデータを効率よく収集し、メトリックの標準化、グローバル化を目指します。
【感性ソムリエ】感性と物理量との関係をモデル化し、作り手の感性を満たすモノを提供することでものづくりを支援します。質感ソムリエは、多様な既存素材を対象とした物質感のメトリックを策定し、物理特性との関係を定式化します。さらに、素材の視触覚のセンシングとシミュレーション技術と組みわせることで、所望の物質感を有する素材の提供を実現します。形状ソムリエは3次元形状特徴による感性表現、感性クエリによる三次元形状検索を実現し、所望の形を効率よく提供します。
【デザインナビ】デザインの価値をメトリック化し、それぞれの価値を実現するためのデザインノウハウを収集し、体系化することで、デザインノウハウを共創的に参照可能なデザイン支援システムを構築します。
【ヒューマンセンシング】個人の心的状態を非接触的手法で測定し、システム最適化のための情報を提供する枠組みを実現します。さまざまな生理情報(視線・表情・行動)から心的状態を推定します。
【クリエイティブインタラクション】人工知能的手法により集団の感性とデザインノウハウからの情報解析方式を確立し、対話型デザインツールの設計に繋げます。また、動きなどの機能や使い心地も含め、一般の人でも直感的に動きをデザインできる統合モデリングツールの研究開発を行います。

明治大学
【感性と創造性を直結するためのデザイン手法の確立】個人が真に欲しいモノや必要なモノを、動きなどの機能や使い心地も含めて具現化するため、直感的な設計支援インタフェースやデザイン手法を研究します。人工知能的手法により集団の感性とデザインノウハウからの情報解析方式を確立し、対話型デザインツールの開発に取り組みます。これにより、一般の人でも容易に自分の理想とするモノをデザインし3Dプリンタなどで実現することを可能とします。

デジタル製造技術を活かした設計方法論の発展と洗練
デジタルマテリアル&システムグループ
材料の仕込み組成と3D造形データから作られるモノの機能性や質感のシミュレーション予測を可能にする「マテリアルズ&プロセス・インフォマティクス」を推進するためのデジタル化材料技術群の開発とデータベース構築を進めます。
リーダー
山形大学
大学院理工学研究科 教授
古川英光
3Dゲルプリンタ”SWIM-ER”と造形された中空構造を持つゲルと3Dフードプリンタ”Food-y”と造形されたハート型の食品
指先にゲルパーツを付けたオープンソースの義手”HACKberry”とYNCA交流会の様子(右)米沢いただきます研究会で地元のお祭りに出展した様子と商品化された新食品
デジタルマテリアル&システムグループでは、従来の物質や材料の概念を超えた3Dプリンタ用の革新材料の開発を目指して研究しています。研究を進める中で、多くの人に必要とされる材料を知るためには、造形されたモノの物性・機能の評価だけでなく、使用者の感性評価が必要なのではないかという考えに至りました。そこで、感性指標化技術を用いて、使用者の感性評価を材料組成や造形プロセスにフィードバックします。またこのときに、材料組成と造形プロセスと造形物の物性・機能・感性がひもづけられたデータベースを構築します。このような、マテリアル×ハード×データベース、三位一体の材料開発システムの実現を目指します。具体的には、ソフト&ウェットでこれまでの材料にない独特の触感を示すゲル材料を3次元造形する3Dゲルプリンタ”SWIM-ER”と、ゲル米粉インク等の食品を3次元造形する3Dフードプリンタの開発を中心に行います。
また、地方ならではの地域ものづくりプラットフォームのモデル構築を目指し、様々なコミュニティが作られています。駅舎内に設置されたファブ施設である「駅ファブ」では、山形県次世代コンピュータ応用ネットワーク(YNCA, やんねか)の交流会も行われ、川上准教授が指先にゲルパーツを付けたオープンソースの義手”HACKberry”の研究紹介をしました。地域の飲食店や介護施設の方々と連携した「米沢いただきます研究会」では、地元の食材を使った新食品の開発を目指し、試作品を地元のお祭りに出展し市民の意見を調査しています。2017年に3Dプリンタ製の型を使った「3D舘山りんごJELLY」と「3D舘山りんごRAKUGAN」が商品化されました。

設計と製造の新しい統合技術
プロセス&テクノロジーグループ
これまで縦割りで分断されてきた、製品の企画・設計・製造・流通・使用・廃棄のすべての過程を再検討し、デジタル技術を用いて上流から下流までをコンパクトに再編成します。
リーダー
慶應義塾大学
環境情報学部 教授
田中浩也
プロセス&テクノロジーグループ ウェブサイト
FabricatorとFabricatorファミリー
Fab3d.cc
ファブ地球社会においては、異なる背景や技術を持った小人数のチームで、企画・設計・試作・検査までを一体的に行えるようになります。また、販売・使用・維持・再利用の過程においてもユーザーの参加を促しながら、新しい「価値」を共創できる関係が生まれます。
本グループでは、デジタルを前提としたデザイン/ファブリケーション/デプロイメントのプロセスを支える新技術を、ハードウェアとソフトウェアの双方を一体的に開発し、「コ・メディカル領域」と「建築・都市リノベーション領域」の2つを軸として「拡張ファブパッケージ」として、ファブラボやファブ施設に導入可能なかたちにまとめ、具体的な社会実装を推進します。
Fabricator(画像1枚目)は、チップマウンタ、リフロー、切削、3Dプリントといった複数のプロセスを統合してIoT機器(センサデバイスやロボット等)を製造することに特化した装置です。
Fab3d.cc(画像2枚目)は、ボクセル形式をもとに立体の内部構造や表面の質感までをデザインできる高度な3Dモデリングソフトを開発すると同時に、そのもととなる基本形状をデータベースに蓄積しています。

「社会制度」「法制度」「教育パッケージ」「支援」の仕組み
ポリシーグループ
福祉施設や小規模ビジネスにおける創造的生活者の具体像を示し、その活動を促進するために必要なルールやツールを提案し社会実装すると共に、ハードルを解消するための政策提言等の準備を行います。
リーダー
情報科学芸術大学院大学 教授
小林茂
ハッカソンやメイカソンにおいて主催者側と参加者側の双方にとって適切に知的財産を取り扱うことまでを明文化した参加同意書およびその解釈を具体例で示したFAQなどから構成される「ハッカソンメイカソン参加同意書と終了後の確認書およびFAQ」
ハードウェアやソフトウェアのオープンソースプロジェクトにおいて知的財産権や製造物責任が適切に扱われるよう、利用規約およびその解釈を具体例で示したFAQなどから構成される「オープンソース・プロジェクト・ポリシー」日本語及び英語
ポリシーグループのミッションは、つくる自由と安心を保証する環境や制度の実現です。ファブ地球社会においては、知的財産権や製造物責任、品質検査など従来の製造業者であれば当然有している知見を持っていない多くの人々が製造に関わることになります。そうした作り手の多様化はイノベーションの源泉でもあると考え、多様な作り手が活躍できるような社会としてのファブ地球社会における知的財産権や製造物責任の在り方およびビジネスモデルを明らかにすることに取り組んでいます。ここでは、生産者と消費者という関係でなく、多様な立場の人々が協働して価値を創出することでイノベーションの創出につながるコンセプトが次々と生まれることが期待できるため、その実現を促進するためのツールや考え方を提供します。さらに、現行の法律やガイドライン、規制の中で変更が必要だと思われるものに対して政策提言を行っていきます。
現在までの活動による成果として、ファブ地球社会における知的財産権の適切な扱いを促進するための「ハッカソンメイカソン参加同意書と終了後の確認書およびFAQ」、およびファブ地球社会における製造物責任の適切な扱いを促進するための「Open Source Project Policy」を公開し、既に多くのプロジェクトにおいて活用されています。また、知的財産権や製造物責任に関する課題を明らかにするためファブを活用した新しいビジネスの創出に取り組んでいる福祉施設と協働で実践に取り組んでいるほか、先駆的な活動を行っている国内外のファブ施設に対するファブ地球社会におけるビジネスモデルを明らかにするための調査を行っています。