プロセステクロノジー

グループの概要

リーダー: 田中浩也 慶應義塾大学 教授 (社会基盤工学)

3Dプリンタからチップマウンターまでの機能を統合した、汎用的なIoT製造のためのハードウェア「FABRICATOR」の開発と、3Dボクセルフォーマットを用いて、これまでバラバラだったCAD/CAE/CAE/CAT/ビッグデータを統合するソフトウェア(データ処理)体系「VoxFab」の開発を中心に行います。

また、産業用工作機械から個人用工作機械までを分け隔てなく接続する「Fab-Net」研究を通じて、相互互換性が確保され標準化された拡張FABインフラを形成し、革新的なデザインと、「デザイン」そのものがデジタルデータとしてオープンに流通する社会を実現します。モノの個体識別体系と、法的な根拠あるライセンスを準備し、安心・安全な流通と販売についても研究を進めます。

研究成果の一部は参画機関のみにとどめず一般にも公開しています [LINK]

                

研究成果の公表・詳細説明サイトへ

参加機関

慶應義塾大学
明治大学
神奈川県
JSR株式会社
富士ゼロックス株式会社
ローランド ディー.ジー.株式会社
一般社団法人 Mozilla Japan
凸版印刷株式会社
株式会社岡村製作所

研究グループ

 

三次仁  慶應義塾大学 教授 (個体識別技術・無線通信) 
脇田玲  慶應義塾大学 教授 (CAE、シミュレーション) 
植原啓介 慶應義塾大学 准教授 (サーバ処理)
相部範之 慶應義塾大学 特任講師 (電気・電子)
青木翔平 慶應義塾大学 特任助教 (ネットワーク・機械)
増田恒夫 慶應義塾大学 特任助教 (機械)
守矢拓海 慶応義塾大学 環境情報学部 (CAD、ビッグデータ)
升森敦士 慶應義塾大学SFC研究所 所員 (CAD、機械学習)
小檜山賢二 慶応義塾大学 名誉教授 (3D)
筧康明  慶應義塾大学 准教授 (HCI、デザイン実践)
渡辺恵太 明治大学   准教授
鈴木茂哉 慶應義塾大学 特任准教授 (ネットワーク)
仰木裕嗣 慶應義塾大学 教授 (スポーツ工学、センシング)
宮川祥子 慶応義塾大学 看護医療学部 准教授 (訪問看護分野におけるデザイン実践)
益山詠夢 慶應義塾大学 特任講師 (農業・林業分野におけるデザイン実践)
徳島泰 慶応義塾大学 大学院 (義足に関するデザイン実践)
吉岡純希 慶應義塾大学SFC研究所 所員 (訪問看護分野におけるデザイン実践)