ナーシング・メディカルケア・ワーキンググループ

ナーシング・メディカルケアWGでは、看護・介護・福祉領域にデジタルファブリケーションを応用する際の技術的・社会的方法について考えていきます。在宅ケアを中心とする個別性の高い環境の中で患者・利用者にフィットした用具・用品を作るためにはどのようなプロセスが必要か、作ったものの安全性はどのような手続きで保障されるのか、今後もニーズが拡大する在宅ケアの担い手を育成していくための教育ツールとは、等のテーマについて、ケアの現場やものづくりに関わる方々といっしょに議論を深めていきます。

ワーキンググループリーダー

宮川祥子(慶應義塾大学看護医療学部 准教授)

運営会員

JSR株式会社