ファブ地球社会創造拠点
Center of Kansei-Oriented Digital Fabrication
(開催のご案内)
2018年度「第3回 ファブ地球社会 創造的生活者シンポジウム」

サイバーとフィジカルを融合し、社会課題の解決と経済発展を両立させる 「Society5.0」のビジョンは、「スマート社会」とも呼ばれています。 スマート社会は、社会全体を最適化するものであると同時に、「個」の能力を開花させ、 多様な要求や欲求を叶えあう社会でもあります。 本シンポジウムでは、3Dプリンタ等のデジタルものづくり(ファブリケーション) がある程度普及したいま、あらためて「ファブ地球社会」のビジョンを再考し、 サイバーとフィジカルを横断する創造性や、データとモノがつながる社会の これからについて、IoTや情報銀行、ブロックチェーン等を含めた議論を展開します。 また、研究発表パートでは、人の感性、材料と装置、デザイン、現場などにおいて 多様な欲求や要求を掘り起こし、それらに応えて行くための研究開発を報告します。 みなさまの幅広い参加をお待ちしています。


招待講演

菊川裕也 株式会社ノーニューフォークスタジオ代表取締役
柴崎亮介 東京大学空間情報科学研究センター 教授


研究報告・ディスカッション

松原健二 株式会社ロングフェロー代表取締役、 COIプロジェクトリーダー
村井 純 慶應義塾大学教授、COI研究リーダー
田中浩也 慶應義塾大学教授、COI研究リーダー補佐
川上 勝 山形大学特任准教授
長田典子 関西学院大学教授
渡邊恵太 明治大学准教授
増田恒夫 慶應義塾大学特任助教
渡辺智暁 慶應義塾大学特任准教授


開催情報

日時:10月19日(金)13:00~17:30 (18:00より懇親会)
場所 日本科学未来館・未来館ホール
参加費:無料 (懇親会有料)
お申し込み:オンラインによる事前登録制 (懇親会費別) (お申し込みページ (別ウィンドウが開きます))


交通案内

新交通ゆりかもめ
 「船の科学館駅」下車、徒歩約5分
 「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分
東京臨海高速鉄道りんかい線
 「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分


申し込み:https://fabearth2018.peatix.com/ (別ウィンドウが開きます)
お問い合わせ:fabearth@sfc.keio.ac.jp (ファブ地球社会創造拠点事務局)